Correzione dell'impulso con rePhase partendo dalle misurazioni in REW

REW測定から始まるrePhaseによるパルス補正

REW測定からのrePhaseによるパルス補正


このチュートリアルは、「ルーム カーブ」の有無にかかわらず、DSP デバイスのインパルス補正と修正フィルターを統合して、リスニング エリア (部屋) でスピーカー/ドライバーを実装するために使用することを目的としています。 「ルームカーブ」の基礎は、室内音響学の Bruel と Kjer の研究です。次のリンクを参照してください。
https://www.bksv.com/media/doc/17-197.pdf

目標は、部屋に可能な限り最高のサウンドを生み出すことです。
マイクをリスニングポイントに置き、マイクを垂直に向け、90° キャリブレーションファイルを使用します。通常、このモードを使用すると、REW ソフトウェアで最良の結果が得られます。

次のように環境設定を設定して、REW ソフトウェアから始めましょう。


1. REW の設定

1/6 オクターブ スムージングと 15 FDW サイクルを設定して補正フィルター ファイルを生成し、振幅と位相補正の「細かい管理」を回避します。


タイミングリファレンスがアクティブ化されました。


2. 部屋の曲線

「ルームカーブ」の作成に使用したデータは、テキストファイルとしてREWにインポートするか、REWの「ターゲット設定」を使用してインポートできます。
「EQ」→「ターゲット設定」→「ルームカーブの追加」を有効にします。
望ましい結果を得るために同じチューニングを行う必要がある場合がありますが、この作業はあなた次第であり、主観的な設定であり、好みに依存します。下の画像の設定は単なるガイドラインであり、出発点です。
DSP デバイスのインパルス補正フィルターを使用して「ルーム カーブ」を実装するという目標を持ってこのチュートリアルに従うと仮定します。
次に、「イコライザー」で「repPhase」を選択します。これは、デバイス用の rePhase ソフトウェアで FIR フィルターを作成することになるためです。


3. テキスト ファイルを REW ソフトウェアにインポートします。

これは diyAudio フォーラムが推奨するカーブです。

0 -90.0
5~6
6 -3

7.5 -1
10 -0.1

20 0.0
50 0.0

100 -1
200 -2

400 -3.0
800 -4.0

1000 -4.2
2000年 -4.7

3200 -5.3
6400 -6.5

12800 -7.5
19200 -8

22050 -10

まずテキスト ファイルを作成する必要があります。上の図をコピーしてテキスト エディタに貼り付け、任意の名前を付けて .txt ファイルとして保存します。
次に、「環境設定」→「ハウスカーブ」→「ブラウザ」で保存したファイルを見つけてインポートします。


パルス補正フィルターと「ルームカーブ」を DSP デバイスに統合する方法については、ステップ 7 で詳しく説明します。


<<地球上のすべての人は独自の聴覚器官を備えており、音を遮断するという同じ経験を持つ人は誰もいません。>>


「部屋のカーブ」は、ほとんどの人がリスニングルームでどのようなサウンドを望むかであり、「部屋のカーブ」を適切に使用するかどうかはあなた次第です。
使用している場合:
「ルーム カーブ」は、このチュートリアルの最初のステップから最後まで、REW ソフトウェアで常にアクティブにする必要があります。
使用していない場合:
ただそれをアクティブにしないでください。


チュートリアルの使用方法は、DSP のハードウェア/ソフトウェア構成によって異なります。
チュートリアルのステップ 7 の最後まで進むと、rePhase ソフトウェアが DSP 用の FIR フィルター ファイルを生成するために必要な情報が得られます。
理論的には、必要なフィルターは 1 つだけであり、PEQ フィルターの使用が最小限に抑えられます。

3. 平均測定値

リスニングエリアを表す意味のある測定値をいくつか取得します。それらをすべて REW にインポートします。
「全SPL」→「コントロール」→「タイムアライン」→「ベクトル平均」。

4. PEQによって生成されるフィルター

私たちは、REW の測定で生成された「ベクトル平均」を結論付けました。次のステップは、「ベクトル平均」の PEQ フィルターを作成することです。

この時点で、DSP で使用するために PEQ フィルターを保存するか、PEQ フィルターを RePhase 用の XML としてエクスポートして結合フィルターを作成することをお勧めします (セクション 6 を参照)。

メインの REW ウィンドウに戻り、[ファイル]、[エクスポート]、[エクスポート] の順に選択して、インパルス応答を wav ファイルとしてフィルターし、保存します。


wavファイルをインポートします。 REW メイン ウィンドウの「すべての SPL」から。コントロール --> ファイル --> インポート --> インパルス応答をインポートします。


結果は、メイン REW ウィンドウでアクティブになっている「All SPLs」タブでの「Vector Average」および「Vector Average .wav」測定値になります。

5. 算術トレース


「コントロール」→「算術トレース」→「A」ウィンドウと「B」ウィンドウで両方の測定値を選択→「A*B」を選択→「生成」。


コントロール -> 測定アクション -> A for B -> 次に、「ベクトル平均」値と一致する負の「SPL オフセット」を入力 -> 「データにオフセットを追加」。
この相対レベルでは最終レベルは重要ではないため、各チャンネルに同じ量を使用します。レベルを下げないと、測定値は 150dB 以上になります。


「超過フェーズバージョン」を押すと。これにより、「A × B-EP」という測定結果が得られます。

6. 完成

REW メイン ウィンドウから: 「All SPL」。 [ファイル]>[エクスポート]>[測定値をテキストとしてエクスポート]。
保存した .txt ファイルを rePhase にインポートします。次に、rePhase から、MiniDsp の FIR フィルターで使用する *.bin ファイルを生成します。

7. 複合フィルター

ステップ 3「PEQ によって生成されたフィルター」の最初の部分と同じようにすべてを実行します。
次のステップは、「ベクトル平均化」用の PEQ フィルターを作成することです。 「イコライザー リフェーズ」-フィルター タスク-フィルター セットの保存-保存するファイルを選択します。フィルターは *.xml ファイルとして保存されます


手順 6 で作成した Rephase import *.txt ファイルを開き、次の手順を実行します。Paragraphic Gain EQ -> Tools -> Import REW filter settings を選択し、以前に保存した *.xml ファイルをインポートします。


最後に、miniDSP デバイス用に RePhase で FIR ファイルを生成できます。

ブログに戻る